全世界 ポスドク年俸 How much?

【イントロ】
 最近の好景気を反映して、今年は各企業でベア(ベースアップ)の動きが見られました[1]。人間生きていくにはお金が必要ですから、お給料があがるのはありがたいことです。願わくばベア3000円とかではなく、ベア5000兆円位欲しいものですが。
 一般的な労働者が入社後最初にもらえる初任給は20万程度、多いところだと30万円といったところで、ボーナスを考えないと年収にして240~360万円といったところです[2]。
 それでは、「末は博士か、大臣か」と尊敬される博士が、博士号取得後最初に就くことが多い、ポスドク(Postdoctral Fellow)の年収はどのくらいなのでしょう?総理大臣の年収は3000万円程度とのことなので、ポスドクの年収も期待が高まります+ (0゚・∀・) +

【方法】
 国内、及び海外のポスドク研究員の募集サイトを一つ一つ手動で確認し、年俸を調べました。調査対象は物理系ポスドクが主な対象です。趣味です。
為替は4/21時点のものを採用し、円換算しました。また、物価の差を反映するためビックマック指数[3]で年俸を割り算することで、実効的年俸も算出しました。
対象とした国は、日本、アメリカ、中国、ドイツ、スイス、イギリス、ブラジル、オーストラリア、インドです。
図1に調べた国を赤い星で示します。大体全世界カバーしてる感じです。

図1、今回調べた国の位置

【結果】
 図2に各国のポスドク年俸を示します。

図2、全世界のポスドク年俸

 年俸が高いところから低いところまで、いろいろあることがわかります。海外だと、アメリカ・ロスアラモス国立研究所[4]やスイス・ETH Zurich[5]の年俸が1000万円前後で高年俸です。すごい。
 中国は物価の差もあって200万円程度のポスドクがある一方で、Kavli財団が出資しているKIAA[6]などでは、先進国クラスの年俸800万円が提供されています。優秀な人材を集めようという意思を感じますね。
 日本だとJAXA[7]のポスドクが1000万円に迫り高い数値を示しています。また、IPMU[8]のポスドクも高給です。宇宙や素粒子といったロマン派は高給ですね。
日本のポスドクで一般的な学振PD[9]は400万円程度で、おおよそ今回調べた範囲のポスドクの中で平均的な値になっています。高給なのは、学振SPD[10]、理研基礎特別研究員[11]、原研博士研究員[12]、NIMS研究員[13]などです。うらやましい。
 ちなみにもっとも低いところだと。。。まあ、研究のための地位というだけで、まさか無給ポスドクとかはないですよね。。。ないよね?

 さて、全世界の年俸を調べたわけですが、
「いや(笑)、物価違うから単純な比較じゃ意味ないでしょ(笑)」
みたいなツッコミを想定し、物価を考慮した年俸を算出することにしました。ここでは、ビックマック指数を利用し、物価水準を考慮した年俸を算出しました。
図3にその結果を示します。

図3、全世界のポスドク年俸を各国のビックマック指数で割ったもの(単位は円)

 JAXA最高!世界一です。
 高額年俸のスイス(笑)も物価を考慮すると平均的なポスドク程度の年俸であることがわかります。逆に、どれだけ物価高いんだという話でもあります。なんでビックマック700円以上もするの( ;・`д・´)ゴクリ
 中国のKIAAは物価を考慮するとさらに高給になりました。スイスでポスドクするより、中国のKIAAでポスドクしたほうが良い生活できることがわかりますね。中国すごい。
 ちなみに元がゼロ円のポスドクはビックマック指数で割ってもやっぱりゼロです。
(;∀;)カナシイナー

【まとめ】
 全世界のポスドク年俸を調べました。高年俸だと1000万円、低年俸だと0円までいろいろなポスドクが存在することがわかりました。残念ながら、総理大臣級の年俸3000万円はありませんでした。残念。また、海外の高年俸ポスドクでも物価を考慮するとそれほどでもない例が存在することがわかりました。
 「ポスドクは研究のみに集中できる最後のタイミング」[14]とえらい先生が仰ってましたが、経済的にも研究に集中できるポジションで革新的な成果を出したいものですね。

【参考文献】


コメント

このブログの人気の投稿

オレ達はあと何本論文を書けば東大教授になれるんだ?

大学別の学振採用者数って気になりますよね